水漏れしていないのに
屋上防水の改修は必要なの

水漏れの症状がでてからでは遅いのです。水漏れの怖さは、一体どこが水漏れを起こしているのかという防水の不具合場所の特定が難しいことだけでなく、どんな経路で水が漏れてきているのか、その浸入経路をつかむことが、極めて困難な点にあります。一度水漏れを起こしてしまうと、解決に大変な労力と時間、費用がかかります。また、きちんと施工された防水層でも経年劣化は防ぎようがありません。そんなわけで、水漏れの症状が出る前に、計画的に修繕工事として防水工事を行うのです。

屋上防水の改修

屋上防水